橘花祭

日時

11月5日(土)・6日(日)

 

場所

立正大学(品川キャンパス) 412教室

最寄り駅はJR大崎駅またはJR五反田駅、東急東横線大崎広小路駅

になります。

 

橘花祭実行委員会ホームページ

http://kikkasai.com

古文書研究会の出展内容

テーマ:

名主が支えた旗本財政--四方寺村吉田家と長井氏--

 

見所:

本物の古文書を近くで見ることが、この展示の見所です。中々見ることができない貴重な地方史の古文書をお借りして展示します。また、武士の生活は名主の支えがあってこそ成り立ったという、一般常識を覆すような内容を盛り込んでいます。

 

詳細:

立正大学古文書研究会は、平成8年より埼玉県熊谷市域をフィールドとして、江戸時代・明治時代を中心とした古文書(こもんじょ)調査を行っています。今年は旗本長井氏の財政をおよそ150年支えた吉田家について調査したことを展示します。武士が家を存続させるために行われた財政改革。そこに大きく関わった百姓の存在…徳川家に仕えた旗本家を村の史料から探りました。古文書をベースとして明らかにしていくことが本展示の大きな目的です。

本展示は、主として高校生以上を対象にしたもので、古文書などの史料と図や絵などの資料を用いてわかりやすく展示します。また、当日はより一層展示を楽しんでいただけるように会員が解説致します。