古文書研究会とは

古文書研究会は、地域に残る古文書の調査・研究の成果を広く公表し、歴史学の発展に寄与するとともに、その成果を地域・地元の方々に還元することを目的とするサークルです。
現在は、埼玉県熊谷市をフィールドとして活動しており、貴重な歴史史料である古文書の調査・保存・研究に取り組んでいます。

古文書とは

古文書とは、一般に和紙に筆で書かれた古い文書を指しますが、厳密に規定されているわけではなく典籍や絵画、明治時代以降に作成された洋紙に書かれた文書なども「古文書」といえます。
また、今現在、現用文書として使われていないことも要件に挙げられることがあります。
当会では、主に江戸時代以降の古文書を調査・整理・研究しています。

研究会活動

通常の活動では、近世文書の写真をコピーしたものを読んで、読解力の向上に努めています。
年数回おこなわれる調査合宿においては、本物の古文書を用いての研究や、文書の保存・活用のために目録作成に取り組むなどしています。

年間活動計画

4月  新入生勧誘活動

   花見
5月  第2回総会
         新入生歓迎会

         第3回合宿 
6月    新入生勉強会
8月  第4回合宿
9月  第5回合宿
10月 大学祭勉強会
11月 大学祭にて展示発表
        第3回総会
12月 第1回総会
2月  第1回合宿
3月  第2回合宿

     卒業生送別会